2012年11月14日

筝ライブ 18日11時@パンの笛

photo.jpeg

日本の伝統楽器なのに、音色を耳にするのはお正月だけ……
そんな悲しい状況に、生エンタはチャレンジします。
芸大を卒業したて、バリバリの若手演奏家が、古典曲から現代曲まで、
筝の新たな魅力をたっぷり聴かせてくれます。

吉崎明日佳(筝) 他
posted by Shindo at 00:16| Comment(0) | プログラム紹介

2012年11月13日

ぐでんぐでん 18日13時@パンの笛

梅ヶ丘北口・羽根木公演で毎年秋に開催される「雑居祭り」から生まれたコンビ。
車イスノエンタテイナー・荻野陽一の歌と漫談を、植田祐二がギターとツッコミでサポート。
歌はたぶん懐かしいフォーク、それ以外は何が飛び出すかわかりません。

荻野陽一(歌、漫談) 上田祐二(歌、ギター)
posted by Shindo at 17:29| Comment(0) | プログラム紹介

2012年11月11日

ファイナル・コンサート 18日19時@Crazy Cats

出演

Canossa(オープニング・アクト)
 真藤一彦(尺八) 鴇田望(ピアノ) 見田諭(ギター)

宮崎FB笑顔.jpgろぶそん.jpg

ブラジリアン・デュオ
 宮崎友紀子(ボーカル) ホブソン・アマラウ(ギター、ボーカル)

ミッキーオウム付FB.jpg

ミッキー・カーチス&突然バンドなう!
 ミッキー・カーチス(ボーカル、ハーモニカ) あとは誰が???

梅ヶ丘THE生エンタをしめくくる、贅沢なコンサートです。

オープニングアクト(つまり前座)をつとめるのは、尺八トリオ・Canossa。
バンマスが主催者代表であるという事情はともかく、まさに「なんでもあり」のイベントを象徴するような音楽からスタートです。

メインのひと組めは、ボーカルとギターのデュオで、サンバ、ボサノバといったブラジル音楽を堪能していただきます。
大阪出身でコメ・バークリー音楽大学への留学を経て梅ヶ丘に住みついた宮崎友紀子と、ブラジル生まれで日本で音楽活動を続け、最近梅ヶ丘に移ってきたホブソン・アマラウ。
インターナショナルかつローカルなユニットが、とびきり楽しい音楽を聴かせてくれます。

そして大トリは、ミッキー・カーチス&突然バンドなう!
ロカビリーの大スター、世界を股にかけたミュージシャンであり、
最近は映画『ロボジー』の主演をはじめ俳優としても大活躍のエンタテイナーが登場します。
いうまでもなく、会場はミュージシャンだらけ、彼らを巻き込む一大セッションが、盛り上がらないはずはありません。

このコンサートを生で聴けるのは、限定40名様。パスポートの予約とは別に、ファイナル・コンサートの予約が必要です。
また、パスポートの購入以外に1000円の追加チャージ(1ドリンク込み)のお支払いもお願いいたします。
まだわずかにお席がございますので、ご希望の方は急いでお電話を。
080-4781-4013(生エンタ事務局)

残念ながら間に合わなかったお客様のために、ライブの模様を生配信し、、Take
Five会場のプロジェクターでお楽しみいただこうと考えております。こちらはパスポートだけでOKです。

最後のひととき、是非みんなで盛り上がりましょう!!
posted by Shindo at 19:04| Comment(0) | プログラム紹介