2012年11月25日

レポート by TOMOMI vol.3

二胡奏者TOMOMIさんのレポート第3弾、完結編です。

梅ヶ丘THE生エンタ-3

随分時間のかかるレポートになってしまいましたが、
やっと完結編です(笑)

★クラシック(11/18 16:00〜@梅ヶ丘アートセンター)
ファイナルライブの前に、前から気になっていた会場、
「梅ヶ丘アートセンター」での最終回のライブに、
駆け込みで少しだけお邪魔してきました。
終了時間の17:00ちょっと前に、会場の雰囲気だけでもと、
中へ入ると、階段の上から赤いセーターがよく似合う、
素敵な建築家の方が降りてきてくださいました。
「もう終わりですか?」と聴くと、まだあと1曲残っているとのこと。
ブーツを脱いで上の階へ上がると、大きな丸テーブルを囲んだお客さんに、
グランドピアノと、その脇に立つテノール歌手の方が。
まるで建築家の方の自宅のパーティーに招かれたかのような、
アットホームな空間で、最後の1曲『'O sole mio』が響き渡ります。
イタリア歌曲の艶やかさに、圧倒的な声量。。。
その後ろで、クラシカルなピアノが華を添えます。
声楽にまつわるお話もちょこっと聴けて、1曲だけではありましたが、
優雅なひと時を過ごさせていただきました?
http://nama-enta.sblo.jp/article/59970869.html

★ファイナルコンサート(11/18 19:00〜@Crazy Cats)
イベントの締め括りは、梅ヶ丘在住のアーティストの方々による、
ファイナルコンサート!!

○オープニング・アクト
オープニングは、個人的に大ファンのCanossa。
尺八・ギター・ピアノのトリオで、このイベントの代表でもあり、
私もいつもご一緒させていただいている尺八奏者、
真藤さんのレギュラーユニットです。
昼間の演奏は、15:00?二胡ライブの時間と重なってしまったので、
聴けずに残念でしたが、足を運んだ方に聞いたところ、
会場に入りきれないほど人が殺到していて、大人気だったそう。
ここでは、Canossaならではのジャズな「春の海」をはじめ、
このイベントの代表者としての真藤さんからのトークまで。
イベントの企画から、30組を超えるパフォーマーとのやり取り、
そして、尺八奏者としての演奏まで、本当にこのイベントが
実現できたのは、真藤さんの尽力があってこそ。
本当に、素晴らしいイベントをありがとうございました!!

○ブラジリアン・ミュージック
続いては、梅ヶ丘在住のアーティストによるブラジル音楽。
軽やかで心地いいボーカルに、心踊るリズム。
ブラジル人のギター奏者ホブソン・アマラウさんは、
何と声でトロンボーンの演奏まで(笑)←もの凄く上手!!
本格的なブラジル音楽に触れるのは初めてでしたが、
このお二人の演奏は、まるで太陽みたいに暖かくて、
また機会があれば、ぜひライブにも足を運んでみたいと思いました。
ホント素敵過ぎて、一言では語れません・・・!

○ミッキー・カーチス&突然バンドなう!
夜も深まり、ついにミッキー・カーチスさんが登場!
ミッキーさんのTwitterでの呼びかけで、会場には何と世田谷区長まで☆
この場で、このイベントは、来年の夏にも梅ヶ丘の羽根木公園、
「ハーネギーホール」にて開催されることが、決定(?)しました(笑)
演奏は、ミッキーさん&ギタリスト服部さんのDuoでスタート。
ハーモニカ、ドラム、ベース、Canossaのピアニストノンちゃんが加わり、
更には、二胡ライブをサポートしてくれた齋藤さんも参戦!!
最後は尺八の真藤さんも加わって、もの凄く充実した突然バンド編成に。
ミッキーさんの軽快なトークと突然バンドの演奏に、みんな笑いっぱなし、
圧倒されっぱなしの本当に楽しいステージでした!!
http://nama-enta.sblo.jp/article/59974260.html

というわけで、こうして幕を閉じた「梅ヶ丘THE生エンタ」。
これをきっかけに、新しい音楽の輪がどんどん広がっていきそうですね?
来年も、乞うご期待です!!
(Facebook 24日の投稿より転載)
posted by Shindo at 17:47| Comment(0) | イベント・レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: