2012年11月11日

ファイナル・コンサート 18日19時@Crazy Cats

出演

Canossa(オープニング・アクト)
 真藤一彦(尺八) 鴇田望(ピアノ) 見田諭(ギター)

宮崎FB笑顔.jpgろぶそん.jpg

ブラジリアン・デュオ
 宮崎友紀子(ボーカル) ホブソン・アマラウ(ギター、ボーカル)

ミッキーオウム付FB.jpg

ミッキー・カーチス&突然バンドなう!
 ミッキー・カーチス(ボーカル、ハーモニカ) あとは誰が???

梅ヶ丘THE生エンタをしめくくる、贅沢なコンサートです。

オープニングアクト(つまり前座)をつとめるのは、尺八トリオ・Canossa。
バンマスが主催者代表であるという事情はともかく、まさに「なんでもあり」のイベントを象徴するような音楽からスタートです。

メインのひと組めは、ボーカルとギターのデュオで、サンバ、ボサノバといったブラジル音楽を堪能していただきます。
大阪出身でコメ・バークリー音楽大学への留学を経て梅ヶ丘に住みついた宮崎友紀子と、ブラジル生まれで日本で音楽活動を続け、最近梅ヶ丘に移ってきたホブソン・アマラウ。
インターナショナルかつローカルなユニットが、とびきり楽しい音楽を聴かせてくれます。

そして大トリは、ミッキー・カーチス&突然バンドなう!
ロカビリーの大スター、世界を股にかけたミュージシャンであり、
最近は映画『ロボジー』の主演をはじめ俳優としても大活躍のエンタテイナーが登場します。
いうまでもなく、会場はミュージシャンだらけ、彼らを巻き込む一大セッションが、盛り上がらないはずはありません。

このコンサートを生で聴けるのは、限定40名様。パスポートの予約とは別に、ファイナル・コンサートの予約が必要です。
また、パスポートの購入以外に1000円の追加チャージ(1ドリンク込み)のお支払いもお願いいたします。
まだわずかにお席がございますので、ご希望の方は急いでお電話を。
080-4781-4013(生エンタ事務局)

残念ながら間に合わなかったお客様のために、ライブの模様を生配信し、、Take
Five会場のプロジェクターでお楽しみいただこうと考えております。こちらはパスポートだけでOKです。

最後のひととき、是非みんなで盛り上がりましょう!!
posted by Shindo at 19:04| Comment(0) | プログラム紹介

芝居・ラストワルツ 17日20時/21時・18日16時/17時@ああ星菫派

ラストワルツ〜映画『道』より〜

フェリーニの道をベースに、舞台を日本に移してくりひろげられる、旅芸人の男と女の物語。

演出 : かわさきひろゆき
出演 : 荒井晃恵、堀越健次、花咲仁美、南智之、荒川ひろ子、かわさきひろゆき、松原誠

あらすじ
旅芸人の大男の十郎は、田舎の漁村で、貧しい家のどこか少しおかしい娘あざみを買う。あざみは十郎に芸を教え込まれ、二人の旅は始まる。
あざみにとっては、見るもの全てが初めてで、新鮮な事ばかり。しかし、酒のみで女癖の悪い十郎は、あざみをほったらかし、旅先でいつも女に手をだしては、暴れるという生活をくりかえす。
自分は十郎に買われたけれど、十郎の女房でもあると信じていたあざみだが、いい加減堪忍袋の緒がきれ、十郎の元からにげだす。
そんな時、町のサーカス団で活躍するキ印というピエロに出会う。実はキ印は十郎の昔からの知り合いで、喧嘩仲間だった。
そして、十郎に連れ戻されたあざみは、あのキ印のいるサーカスで働くことに……
あざみ、十郎、キ印、コミュニケーションがとれない三人の、おかしくも哀しいトライアングルの歯車がまわりだし、狂いだす。
posted by Shindo at 16:54| Comment(0) | プログラム紹介

舞台「ラストワルツ」梅ヶ丘ああ星菫派

梅ヶ丘のクレーフ店の奥、ああ星菫派(プチルピリエ)で月に一度、毎回、さまざまな舞台や映画などを上演しておりますオカシネマ+プチルピリエのかわさきひろゆきです。ラストワルツ
どうぞ皆様、お気軽にいらしてください。
ラストワルツ〜映画道より〜
内容
旅芸人の大男の十郎は田舎の漁村で貧しい家のどこか少しおかしい娘あざみを買う。あざみは十郎に芸を教え込まれ、二人の旅ははじまる。あざみにとっては見るもの全てが初めてで新鮮な事ばかり、しかし、酒のみで女癖の悪い十郎はあざみをほったらかし、旅先でいつも女に手をだしては暴れての生活をくりかえす。自分は十郎に買われたが、十郎の女房でもあると信じていたが、いい加減、堪忍袋の緒がきれたあざみは十郎の元からにげだす。そんな時、町のサーカス団で活躍するキ印というピエロに出会う。実はキ印は十郎の昔からの知り合いで喧嘩仲間だった。そして十郎から連れ戻されたあざみは、あのキ印のいるサーカスで働くことに…
あざみ、十郎、キ印、コミュニケーションがとれない三人がもたす、おかしくも哀しいトライアングルの歯車がまわりだし、狂いだす。フェリーニの道をベースに日本を舞台にくりひろげられる旅芸人の男と女の物語。

演出、かわさきひろゆき
出演、荒井晃恵、堀越健次、花咲仁美、南智之、荒川ひろ子、かわさきひろゆき、松原誠

○11月17日(土)20時開演、21時開演の二回上演
○11月18日(日)16時開演、17時開演の二回上演
○場所はああ星菫派
posted by Shindo at 16:20| Comment(0) | アーティスト紹介

クラシック・声楽 18日16時@梅ヶ丘アートセンター

伊藤潤(テノール) 石橋佳子(ピアノ)

曲目
日本の歌メドレー(松島音頭〜初恋〜荒城の月)
このみち(鈴木憲夫)・今が美しい(鈴木憲夫)
Serenata(Tosti)「セレナータ」
Avucchella(Tosti)「かわいい口元」
L’ultimacanzone(Tosti)「最後の歌」
L’alba separadalla luce(Tosti)「暁の光から」
Core’ngrato(Cardillo)「つれない心(カタリー)」
Torna surriento(De Curtis)「帰れソレントへ」
Parla piu piano(N. Rota)「ゴッドファーザー 愛のテーマ」
Granada(Lala)「グラナダ」
posted by Shindo at 16:09| Comment(0) | プログラム紹介

被災地東北からのメッセージ 18日15時@梅ヶ丘アートセンター

丸谷博男(お話)

大槌中学校吹奏楽部に楽器を支援してきました。
その後、音楽をまちづくりの中心にすえようという町長の賛同の言葉があり、
メモリアル音楽ホール「槌音」の募金活動が始まりました。
被災の状況、人々の動きをご紹介いたします。
また、この交流の中で生まれたCDをご紹介します。

合唱曲「私の楽器 君の手に」、ひょっこりひょうたん島など
posted by Shindo at 15:59| Comment(0) | プログラム紹介

クラシック 18日14時@梅ヶ丘アートセンター

久保寺敏郎(チェロ)
久保寺美帆(ピアノ)

曲目
バッハ/無伴奏チェロ組曲より「5番 サラバンド、6番 プレリュード」
シューベルト/アルペジオーネソナタ
オッフェンバック/ジャックリーヌの涙
メンデルスゾーン/無言歌
posted by Shindo at 15:49| Comment(1) | プログラム紹介

クラシック 18日13時@梅ヶ丘アートセンター

久保寺美帆(ピアノ)

曲目
シューマン/ソナタ(Op.22)
ショパン/ノクターン、ワルツ
posted by Shindo at 15:42| Comment(0) | プログラム紹介

きくりえです(^^)

この度は梅が丘THE生エンタにお招きいただきまして!
今からとっても楽しみです♪
当日はギター弾き語りでカバー曲やオリジナル曲をお送りします。
あたしの出番は早い時間ですが、ちょっと早起きして
素敵な休日を思い切りエンジョイしてみてはいかがでしょうか?
梅が丘の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!
きくりえ主催イベント「やさしい時間」も好評開催中です。
次回は11月29日(木)夜東新宿真昼の月夜の太陽!!
More Info『きくりえBlog』:http://blog.livedoor.jp/kikuriehanauta/
posted by Shindo at 15:41| Comment(1) | アーティスト紹介

クラシック 18日11時@梅ヶ丘アートセンター

〜馴染みの風、初めての風〜

演奏とお話をまじえながら、おなじみの作品やあまり聴かれる機会のない作品を、
クラリネットやバスクラリネットとピアノでお届けします。

クライスラー、サン・サーンス、ガーシュイン ほか

鈴木生子(クラリネット) 曾根恭子(ピアノ)

鈴木生子のサイト
http://www.bigstream.co.jp/artist/0411_jackson/suzuki.html
posted by Shindo at 15:27| Comment(0) | プログラム紹介

梅ヶ丘 ザ生エンタについて

DSC_0019.JPGお疲れ様です。この度はよろしくお願いいたします。

ラストワルツを演じるオカシネマプチルピリエの南です。


写真と出演者をお送りいたします。よろしくお願いします。

出演者:堀越健次 松原誠 荒井晃恵 花咲仁美 荒川ヒロ子 かわさきひろゆき 南智之
posted by Shindo at 15:25| Comment(1) | アーティスト紹介

真っ暗闇ライブ 18日14時@ああ星菫派

暗闇-服部.jpg

「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」という暗闇体験イベントは日本でも話題になっていますが、
それを音楽ライブでやってみようという試みです。
普段大きく頼っている視覚を遮断されると、耳は、肌は何を感じるのか?
思わぬハプニングがあるかもしれません。
服部こうじは、実は生まれつきのブラインド。暗闇という健常者にとっての非日常は、彼にとっての日常でもあります。
なお服部こうじは、同会場で続く「スローパーク」にサポートとして参加、また、同日19時からのファイナル・コンサート@Crazy Catsにも出演します。
*ご注意 会場を暗闇にするため、開演後の途中入場はできません。

服部こうじ(ギター)

服部こうじのサイト
http://www015.upp.so-net.ne.jp/gt_kouji

(photo by 大森有起)
posted by Shindo at 15:00| Comment(0) | プログラム紹介

すろーぱーく 18日13時/15時@ああ星菫派

IMG_1924.jpgIMG_0239.JPG

踊り=ダンスとは、自分の体の動きで何かを表現すること……。
そんな「踊ることの原点を観せてくれるパフォーマンスです。
ダンスといえばヒップホップ、昔なら社交ダンスしかイメージできない方には、新鮮な体験。
この機会に是非。「アーティスト情報」に踊り手・岩瀬明日香からのメッセージがあります。

踊り  剱持彰  岩瀬明日香
ギター 見田諭(13時のみ) 服部こうじ(15時のみ)
posted by Shindo at 14:00| Comment(0) | プログラム紹介

DJライブ 18日18時@Take Five

DJ……といっても、クラブ系のあのにぎやかでめまぐるしいパフォーマンスではありません。
聴きどころは選曲とLPレコードの音色。
埋もれていた名曲・名演、ときに驚きの珍盤や笑える迷演、リラックスしてお楽しみください。
浜中顕(DJ)
posted by Shindo at 13:36| Comment(0) | プログラム紹介

ブルース 18日16時/17時@パンの笛

ブルースのルーツ、アメリカ南部はミシシッピ・デルタの音楽を歌い続けるスティーブ。

この日、梅ヶ丘にアメリカ人の魂の音が響きます。
日本では意味が広すぎる「ブルース」の、本来の姿をこの機会に。

スティーブ・ガードナー(歌、ギター、ハーモニカ) ヒサ仲瀬(ベース)

スティーブ・ガードナーのサイト
http://www.stevegardner.info/ja/home/index.html
posted by Shindo at 13:34| Comment(0) | プログラム紹介

ジャズ・コンボ 18日16時/17時@Take Five

564033_434225833281929_872600787_n.jpeg41527_1566617799_1165871001_n.jpegゆみりーFBぷろふぃーる.jpg195388_100002226791091_1025514_n.jpeg

今回のイベントは、ジャズ系のプログラムが多い中、アマチュア以外でサックスが加わるのはこれだけ。
曲目はスタンダード中心。ボーカルとサックスで、華やかな演奏になることは間違いありません。
ゆみりーは17日13時/14時@ああ星菫派「ダンス・Fumie & Yumi」でも演奏。
(、「コンボ」という言葉は、「ゆにっと」と同じような意味でジャズ界ではよく使われます。メンバーの人数も未定だった段階でとりあえずつけたタイトルでした。

松岡忍(ボーカル、ピアノ) ユミリー(サックス) 陶山憲巳(ベース) Yoshi Mamiya(キーボード)
posted by Shindo at 13:32| Comment(0) | プログラム紹介

二胡ライブ 18日14時/15時@パンの笛

二胡2.jpeg

弓で弾く中国の弦楽器・二胡。
テレビなどでもよく流れるようにはなってきましたが、生を間近で聴く機会は少ないのでは。
梅ヶ丘ではおなじみの二人の演奏を、今回はギターがサポート。
中国曲はもちろん、唱歌、ポップス、いろいろな音楽を、どこか懐かしい独特の音色でお楽しみください。
なお、TOMOMIは同日同会場で12時から20分ほど、珍しいエレキ二胡の音も披露。こちらにも是非。

TOMOMI(二胡) 華蓮(二胡) 齋藤純一(ギター)
posted by Shindo at 13:26| Comment(0) | プログラム紹介

尺八トリオ・Canossa 18日15時@Take Five

ときた.jpg見田諭写真.jpgピンクカウ7.jpg

日本の伝統楽器・尺八でジャズ、しかも曲目は、
スタンダード、民謡、クラシック……?!
MCを含めて、アイデアいっぱいの楽しいライブです。
なおCanossaは、19時からのファイナル・コンサート@Crazy Catsにもオープニング・アクト(要は前座です)で登場。

真藤一彦(尺八、雑談、ときどき歌) 鴇田望(ピアノ) 見田諭(ギター)

真藤一彦のサイト 
http://takeandtalk.net
鴇田望のブログ 
http://blog.livedoor.jp/nonpiano
見田諭のユニット「ミタタケ」のサイト
http://www.kenemura.com/mitatake/mitatake-pc.html
posted by Shindo at 13:23| Comment(0) | プログラム紹介

ジャズ弾き語り 18日13時/14時@Take Five

ジャズ弾き語り松井2.jpg

おなじみのジャズ・スタンダード、ボサノバ、映画音楽……
爽やかないやしのジャズ・サウンドをお楽しみください。
ジャズは難しいと思っている方にこそ楽しんでいただきたいライブです。

松井佳子(歌、ピアノ)

松井佳子のサイト
http://swingagogo.com
posted by Shindo at 13:16| Comment(0) | プログラム紹介

ふわふわコンサート 18日11時/12時@Take Five

えがわFBぷろふぃーる.jpg

ほっとなごめる童謡、親子で遊べる手遊び歌、どこかで聴いたクラシック……
ふわふわのんびりな、ピアノと歌のひとときです。
小さなお子様もどうぞ。小学生以下はパスポート500円、もちろんほかのプログラムも観られます。
ゑ川史子(歌、ピアノ)

ゑ川史子のサイト
https://sites.google.com/site/egawafumiko
posted by Shindo at 13:15| Comment(0) | プログラム紹介

岩瀬明日香 from「すろーぱーく」

「すろーぱーく」(18日13時/15時@ああ星菫派)の踊り手、岩瀬明日香さんがFBにイベントを作成してくれました。ありがとうございます。
以下、本人による紹介文を転載します。

★★★
53歳少年?と30歳女のデュオ。
「すろーぱーく」
踊り  剱持彰  岩瀬明日香
音 ギター 見田諭(13時のみ)
     服部こうじ(15時のみ)

踊ります。
お互いの共通言語は、「お久しぶりです」
リハは、ひたすらお散歩。
さて、ジャングルのようなスナック、ああ星菫派で
生まれる時間は、いかなるか。
久しぶりにさらされる肉体とのスリル。
すろーぱーく。

どうぞ、目撃、よろしくお願いいたします。
もちろん、スナックですから...
お酒等、召し上がりつつの40分間パフォーマンスに。。笑
posted by Shindo at 12:17| Comment(0) | アーティスト紹介