2012年11月11日

芝居・ラストワルツ 17日20時/21時・18日16時/17時@ああ星菫派

ラストワルツ〜映画『道』より〜

フェリーニの道をベースに、舞台を日本に移してくりひろげられる、旅芸人の男と女の物語。

演出 : かわさきひろゆき
出演 : 荒井晃恵、堀越健次、花咲仁美、南智之、荒川ひろ子、かわさきひろゆき、松原誠

あらすじ
旅芸人の大男の十郎は、田舎の漁村で、貧しい家のどこか少しおかしい娘あざみを買う。あざみは十郎に芸を教え込まれ、二人の旅は始まる。
あざみにとっては、見るもの全てが初めてで、新鮮な事ばかり。しかし、酒のみで女癖の悪い十郎は、あざみをほったらかし、旅先でいつも女に手をだしては、暴れるという生活をくりかえす。
自分は十郎に買われたけれど、十郎の女房でもあると信じていたあざみだが、いい加減堪忍袋の緒がきれ、十郎の元からにげだす。
そんな時、町のサーカス団で活躍するキ印というピエロに出会う。実はキ印は十郎の昔からの知り合いで、喧嘩仲間だった。
そして、十郎に連れ戻されたあざみは、あのキ印のいるサーカスで働くことに……
あざみ、十郎、キ印、コミュニケーションがとれない三人の、おかしくも哀しいトライアングルの歯車がまわりだし、狂いだす。
posted by Shindo at 16:54| Comment(0) | プログラム紹介

舞台「ラストワルツ」梅ヶ丘ああ星菫派

梅ヶ丘のクレーフ店の奥、ああ星菫派(プチルピリエ)で月に一度、毎回、さまざまな舞台や映画などを上演しておりますオカシネマ+プチルピリエのかわさきひろゆきです。ラストワルツ
どうぞ皆様、お気軽にいらしてください。
ラストワルツ〜映画道より〜
内容
旅芸人の大男の十郎は田舎の漁村で貧しい家のどこか少しおかしい娘あざみを買う。あざみは十郎に芸を教え込まれ、二人の旅ははじまる。あざみにとっては見るもの全てが初めてで新鮮な事ばかり、しかし、酒のみで女癖の悪い十郎はあざみをほったらかし、旅先でいつも女に手をだしては暴れての生活をくりかえす。自分は十郎に買われたが、十郎の女房でもあると信じていたが、いい加減、堪忍袋の緒がきれたあざみは十郎の元からにげだす。そんな時、町のサーカス団で活躍するキ印というピエロに出会う。実はキ印は十郎の昔からの知り合いで喧嘩仲間だった。そして十郎から連れ戻されたあざみは、あのキ印のいるサーカスで働くことに…
あざみ、十郎、キ印、コミュニケーションがとれない三人がもたす、おかしくも哀しいトライアングルの歯車がまわりだし、狂いだす。フェリーニの道をベースに日本を舞台にくりひろげられる旅芸人の男と女の物語。

演出、かわさきひろゆき
出演、荒井晃恵、堀越健次、花咲仁美、南智之、荒川ひろ子、かわさきひろゆき、松原誠

○11月17日(土)20時開演、21時開演の二回上演
○11月18日(日)16時開演、17時開演の二回上演
○場所はああ星菫派
posted by Shindo at 16:20| Comment(0) | アーティスト紹介

クラシック・声楽 18日16時@梅ヶ丘アートセンター

伊藤潤(テノール) 石橋佳子(ピアノ)

曲目
日本の歌メドレー(松島音頭〜初恋〜荒城の月)
このみち(鈴木憲夫)・今が美しい(鈴木憲夫)
Serenata(Tosti)「セレナータ」
Avucchella(Tosti)「かわいい口元」
L’ultimacanzone(Tosti)「最後の歌」
L’alba separadalla luce(Tosti)「暁の光から」
Core’ngrato(Cardillo)「つれない心(カタリー)」
Torna surriento(De Curtis)「帰れソレントへ」
Parla piu piano(N. Rota)「ゴッドファーザー 愛のテーマ」
Granada(Lala)「グラナダ」
posted by Shindo at 16:09| Comment(0) | プログラム紹介